給料日までまだあるのに金欠…どうしよう

給料日までまだあるのに、今月は女子会に、新しい洋服、靴などを買ってしまい、金欠気味。今までキャッシングをしたことはないし…と思いながら、まず彼氏に少し相談してみました。いきなり「お金を貸して」というと引かれると思い、まずは「キャッシングとかカードローンってどう思う?」っていう聞き方で。それを聞いた彼氏は私の懐事情を察してくれたのか、

「お金足りないの?それなら少し貸すよ。いくらぐらい?」

と嬉しい言葉。

「本当にいいの?」

と念押しすると、彼氏は、

「そりゃ100万、200万貸してと言われたらびっくりするけど、給料日までの生活費でしょ?それなら大丈夫だよ。困った時はお互い様って言葉もあるんだし」

と頼もしい言葉。

当面の生活費として、三万円借りました。

もちろん、そのお金は無駄遣いせず、しっかり節約して生活し、給料日当日までに二万円残っていました。

給料が入ったら彼氏にお金を返し、お金の大切さと、節約って案外難しくないんだねという感想を伝え、一件落着しました。

カードを使いすぎて親から少しお金を借りました

ネット通販でパソコンやプリンタを買い替えるため、カードで決済しました。

パソコンやプリンタ以外にも、今月は彼女とのデート代などにもカードを使っていたため、翌月の支払いがかなり厳しいことに。

銀行の残高をチェックしてみると、引き落としに足りないことがわかり、あぜんとしてしまいました。

リボ払いなどに切り替えようか…と思ったのですが、リボ払いの利息はかなり高いと聞いており、それならばと同居している母親に相談してみました。

母親は「同居しているし、パソコンやプリンタを買っていることもわかるから、少しぐらいならお金を貸せるよ」とありがたい言葉。

無事、銀行からの引き落としはバッチリでした。

借り入れ
給料が入ってから、お金はすぐに母親に返済しました。その後に、クレジットカードでのポイントが結構溜まったので、商品券に交換して、母親に、

「これ、前にお金を貸してくれたお礼。クレジットカードのポイントだから気にせずに使って」

と商品券を渡すと母親も喜んでいました。

これからはクレジットカードを使い過ぎないように気をつけます。 クレジットカード 借り入れ